ソーシャルメディア

July 31, 2016

昨日7月30日は土用の丑の日でした。どうかなとは思いながら、たまたま買ったスーパーマーケットの鰻。よく見ると、ラベルにトレーサビリティ情報の案内が記されていました。そこで、アクセスしてみると次のような情報が現れました。

 鰻についてはとかく言われていますので、大事な情報だと思います。

これで、たれや調理法が改善されれば、トレーサビリティ情報の公開と相まって、将来ブランド化していくことも可能でありましょう。

拙著では木材のトレーサビリティの事例を取り上げました。

単なる品質保証の証左だけだと、トレーサビリティ・システムの構築・導入に用いる費用...

July 30, 2016

GDP(国民総生産)の成長には、いろいろな要因が関与します。

ただ、過去20年、GDPが停滞している国は日本だけであるという事実は、

この国のイノベーションが構造的に停滞していることを示唆していると考えざるを得ません。

このことが拙著を上梓する動機となりました。

最近の経済関係のニュースを見ると、金融・財政政策だけで経済成長を図ろうとすることには無理があると思わざるを得ません。

焦らず、じっくりと、この国の構造を、イノベーションが持続的におきていく構造に変えていかねばなりません。

そのこと以外に「真の成長戦略」はもたらしえないはずです。

July 18, 2016

現代イノベーションが、ある知識の創造を発射台にすて生起することはいうまでもありません。それだけに、知識をいかにマネジメントをするかは、現代のイノベーションの成否を決定づけるといっても過言ではありません。

 拙著の主題の一つは、「知を如何に流通させ、結合させ、融合させていくのか?」という点にありました。現代のイノベーションは、様々な組織・人のもつ情報・知識が紡ぎあわされていく集積的なプロセスをとります。拙著では、その集積的なプロセスを、図に示すように、価値創成網から、知識をはじめとする様々な価値創成源が誘引されていくプロセスとして描きま...

July 17, 2016

7月17日に開催された「インテル® エネルギー × IoT フォーラム」で拝聴したことをもとに、GE社のIndustrial Internet (of Things) の話を続けます。

日本でのIndustrial Internet の紹介記事を拝読すると、大きな誤解が生じるのではないか心配することがあります。それは、Big Data を集め有能なData Scientist に委ねさえすれば、IoTによる革新的な便益を生み出すことができる、という誤解です。それでは、日本の生産現場や生産施設の現場で、運用の妙を職人芸的に蓄積してきた組...

July 14, 2016

7月17日に開催された「インテル® エネルギー × IoT フォーラム」で、GE社が提供しているPredixに関するご講演を拝聴しました。

(図面出典:https://www.predix.io/)

周知のようにGE社は、組み込みソフトをもった機械・人工物が繋がりあっていくIndustrial Internetを提唱し強力に展開しています。それは、Industrial Internet of Things, すなわち産業に使われるモノのインターネットといった方が分かりやすいかもしれません。

Predixは、Industrial Inter...

July 3, 2016

良書に出会いました。

ミュンヘン工科大学Thomas Bock教授, Thomas Linner博士が著した

Robot-Oriented Design - Design and Management Tools for the Deployment of Automation and Robotics in Constructionです。ケンブリッジ大学出版会が建設ロボットについて出す全5巻のなかの1冊です。Bock教授らの体系的で緻密な取り組みと記述に接することで、建設ロボットがSF小説のなかの存在ではなく、現在と近未来を拓く技術で...

Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

February 28, 2018

January 30, 2018

Please reload

最新記事
タグから検索
​ブログ趣旨
アーカイブ
Please reload

カテゴリー

​イノベーション徒然草

拙著に関連した日々の思索備忘録

日々変わりゆく、現代イノベーションの諸様相を、拙著を下敷きに負っていきます

©  by Tomonari Yashiro, The author of Innovation Management : Strategic Thinking for Process and Team Orchestration