ソーシャルメディア

February 28, 2018

筆者が参画する東京デザインラボでは、環境省からの委託を受け、2030年くらいを目途に、住宅建築分野でどのようなIoT関連の未来技術を開拓すれば、地球温暖化ガスの削減に貢献できるのかを検討してきました。

今般、その成果のコンセプトモデルをまとめたビデオをYoutubeにアップしました。

題して、BIoT - Associated Nature (よりそう自然)。

BIoTは、Bio IoTを短縮した造語です。この卓抜たる発想をした人は、私たちのパートナーであるRCAからやってきた、Jonathan Rankinさんです。彼は、1989 年に...

January 30, 2018

いま各地で、ハッカソン(hackathon)やアイデアソン(Ideathon)が開催されています。

自らの組織に閉じこもることなく、様々な分野の人々が集まって、グループなどでディスカッションを通じて、新たな解決策やアイデアを創出することの可能性が多くの人々に体験を通じて理解されはじめている、といってもよいでしょう。

拙著でも、「多様さこそが力」であることを強調させていただきました。

人には所属する集団・組織の思考方法が知らず知らずのうちに染みついていきます。それだけに同じ企業、同じ部門、同じ職域に所属するメンバーだけで発想・思考している限...

January 29, 2018

筆者は近年、共同研究契約を結ぶ交渉に直接、間接の関わることが多くあります。そこで、常に議論の対象になるのが知財の取扱いです。双方の主張には、相応の合理性があり、それだけに折り合いをつけるのに交渉によるすりあわせが必要になります。

問題はその交渉のスピードです。最近、企業や大学の知財管理部門が、契約条文上の精緻さを追究し、ふと気づくと、蓋然性の低い事象の取扱いにかかわる交渉に多大な時間を費やしているというケースに遭遇します。研究開発の担当者としては、「いいかげんにしてくれ、これでは、機会を失ってしまうのではないか」というじりじりとした思...

January 28, 2018

拙著では、イノベーションとは、「何らかの新たな取り組み・率先(initiative)により、 何らかの豊益潤福を創造・増進し、 現状を刷新するような社会的変革を生みだすこと」と定義しました。

言い替えれば、どのような革新的技術を用いても、社会変革という結果を伴わなければ、イノベーションとはいえない、ということを述べさせていただきました。というのは、過去、革新的な技術を開発しながら、結果として社会的変革に結びつかなかった事例は多々あるからです。

一方、用いられている技術は、先端というよりも在来技術でありながら、社会的変革を起こした例は多々...

January 1, 2018

スマホのアプリ微信支付(WeChatPay)や支付宝(Alipay)などの普及で中国ではキャッシュレス化が急に進んでいます。訪中した人々からは、例えば「滞在中一度も現金での支払いがなく、唯一の現金の使用機会はフルアテンドしまとめ払いしてくれた友人への支払いのみだった」などというキャッシュレス化の進展を物語るようなお話をきくようになりました。

こうした変革は、スマホを通じて様々なサービスを平易に迅速に利用できるようになるという、個人目線での利便性の向上にとどまらず、社会制度のあり方や、企業の思考・行動も大きく変えてくことになるでしょう。

...

March 19, 2017

日本の工場を見学させていただくと、工場のラインにいる人は限られていて、ロボットの投入で、極限までにその生産性が高められていくことを感じます。

しかし、工場の管理事務所に戻ってくると、沢山人がいて、生産現場とオフィスの光景の差異に驚いてしまいます。

爪に火をともすように生産現場の無理無駄を省いていっても、工場の間接部門の生産性が上がらない限り、付加価値生産性が上がっていきません。

日本生産性本部が発表している2016年の労働生産性の国際比較では、生産現場でロボットが活躍する国とは思えない現状を示しています。「2015年の日本の労働生産性は、...

February 19, 2017

昨年はBrexitに始まり、驚くべきコトが次々と起きました。

いよいよ、英国とEUとの離脱交渉も本格化するそうです。

投資をして英国内に工場を設けた企業がEU地域に移転してしまうのか? あるいは

金融センターも、ロンドン・シティから、フランクフルトや、アムステルダムやダブリンに移ってしまうのか? 様々な憶測が流れているようです。

こうしたことを考えるうえで、Sticky Information (固着情報)という概念は参考になるように思われます。

英国がEUの単一市場の域外になってしまうことは、英国内に工場をもつ日系企業にとって、好ましいもの...

February 19, 2017

いまや、ワンクリックで瞬時に、情報や、知識を地球の裏側まで送り届けることができます。

しかし、全ての情報が、ワンクリックで運搬できるわけではありません。

MITのVon Hippel 教授は、ある場所に所在する人・組織に張り付いていて他所に移転していかないような情報をSticky Information (固着情報)と呼んでいます。

そして、情報の固着性stickinessとは、

その情報をその情報を探している人が使えるような形で特定の場所に移転するためにかかる、費用負担の増加分であると述べています

この増加費用が小さいのであれば情報の固着性...

February 14, 2017

連日のように、世界の名だたる自動車会社がIT企業と共同研究を開始する、あるいはIT系企業と提携する、買収するというニュースを聞きます。例えば、ちょっと検索するだけで、下記のよう記事が出てきます。

日産・ルノー、仏ソフトウエア会社を買収
 

フォード、自動運転のAIベンチャーに1130億円投資

トヨタ、ロボット・自動運転研究で米NPOと提携

こうした流れは、昨年あたりから、とみに加速してきたように思われます。

筆者は、それは、自動車会社が、自動運転技術の進展が、自動車の「意味」を変えつつあること、そして、その「意味」の変化に背を向けると、自ら地...

February 9, 2017

昨年12月20日に開催された、価値創造フォーラム2016「Design Led X デザインが先導する未来」のレポートがアップロードされました。

機能創造だけでなく、意味創造によるイノベーションがあること、そして、そのためにはデザイン思考が有用であることが、だんだんと多くの人に認識されはじめていることを実感します。

Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

February 28, 2018

January 30, 2018

Please reload

最新記事
タグから検索
​ブログ趣旨
アーカイブ