©  by Tomonari Yashiro, The author of Innovation Management : Strategic Thinking for Process and Team Orchestration

概念・用語集 (under construction)

イノベーション

何らかの新たな取り組み・率先(initiative)により、何らかの豊益潤福を創造・増進し、現状を刷新するような社会的変革を生みだすこと

豊益潤福

•「豊」= 精神的・身体的・経済的な充足 ( richness and fullness )

•「益」=人や社会に役立つこと 利便性、便益の向上 (benefit)

•「潤」=精神的・身体的・経済的な潤い (amenity)

•「福」=しあわせ (welfare)

イノベーション・プロセス・メタモデル(IPM モデル:Innovation Process Metamodel)

さまざまな主体(人・組織)の関与と連携により,何らかの成果物が創造され,流布され,適用され,検証され,修正され,組み合わされつつ,豊益潤福を生み出し,社会を変革していくプロセスをモデル化したもの


 

価値創成網

豊益潤福を実現するために、コンテクスト(課題・ニーズの内容・性質、とりまく社会的・経済的状況及び技術的条件)に応じて形成される、価値創成源を提供する主体(人・組織)相互の協働・連携関係、及びそれらの関係の集合体

価値創成源 (Sources of Innovation)

価値創成網に関与する主体(組織・人)から提供される情報・知識・能力など、イノベーションにおける価値創成、すなはち豊益潤福の実現の元手となる経営資源

イノベーション・コミュニティ (Innovation Community)

イノベーション・プロセスの進行とともに,価値創成源の提供を通じて形成されていく価値創成網の構成主体同士の繋がりの母体となるコミュニテイ

分担協調型イノベーション(distributed innovation)

多様な人・組織が関与・参画して. 行きつ戻りつ の双方向のプロセスを通じてを展開していくイノベーション